便秘 宿便

宿便とは何か

宿便には何故なるの?

宿便とは排泄されずに長期間腸内に留まってこびりついてしまった便のことです。便秘の人に宿便の持ち主が多いのは、日々の排泄がうまくいかずに便が溜まってしまうから。トイレに汚れがついたのを掃除せずに放っておくと、だんだんその汚れが固まってばい菌の温床になり悪臭の元となります。たとえは悪いですが、長い期間便が腸から排出されないとこれと同じことが腸内で起こっているのです。腸内では善玉菌、悪玉菌、どちらにでもなりうる日和見菌が常に勢力争いをしながら混在していますが、古い便は悪玉菌の好むところなので、悪玉菌の優勢にしてしまいます。悪玉菌が勢いづいてしまった腸内ではばい菌が繁殖し、悪臭を放つガスも出てきます。その結果、お肌は荒れ、体臭がくさくなり、免疫力が落ちてくるようなってしまうのです。ではこの宿便、どうやって取ればよいのでしょうか?それは毎日排便がある腸づくりをすることです。おススメしたい方法は、食事量を少々減らしてラブレ菌を体内に取り入れることです。ラブレ菌は京都の漬物から発見された日本発の植物性乳酸菌です。日本人の体質にあっていて、生きたまま腸に届くという性質が海外からも注目されているミラクル乳酸菌です。サプリメントで摂取することも可能ですし、ラブレ菌飲料でも手軽に体内に取り入れることができます。食事量を減らすのは、便が溜まる=胃腸の消化能力を超えている、ということも考えられるからです。有効な乳酸菌を取り入れつつ、食生活を見直してみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ