便秘 予防

直腸性便秘の予防法と解消方法

直腸性便秘を防ぐための予防方法と解消方法

一口に便秘といってもその原因や症状は様々ですが、その中でも日々の生活習慣の中での出来事が原因になる事が多いものとしてあげられるのが直腸性便秘です。
これは文字通り直腸に異常が出て便が排出されにくくなるもので、特徴は直腸に便が溜まってしまうために起きる強い残便感と10分以上かかる排便などです。その大きな原因は便意を我慢することを繰り返すことです。
通常、直腸は便が溜まると脳から排便を促す信号が発せられます。この信号が便意となりますが、これを我慢し続けると腸がその状態に慣れてしまい、結果として直腸に便が溜まっても便意を感じにくくなり、排便がスムーズにいかなくなってしまうのです。
また下剤の乱用も直腸の機能を低下させてしまうため原因の一つとなります。
それでは、こうした直腸性便秘の予防と解消方法ですが、まず大切なのは便意を感じたら我慢をしないということが一番の予防法となります。また朝食をしっかり取り、水分を多めに摂取することも予防に繋がります。
しかし、すでに酷い状態の時は、乳酸菌サプリメントなどで腸内の善玉菌を増やすことがプラスに働きます。特におすすめなのがラブレ菌などを代表とした植物性乳酸菌です。
すぐき漬けという伝統的な京漬物から発見されたラブレ菌のように植物性乳酸菌は日本人が昔から馴染んできた漬物やみそなどの発酵食品に多く含まれており、過酷な環境下でも生存が可能なため生きて腸まで届く乳酸菌なのです。
特にラブレ菌は腸内に定着して効果を発揮するので毎日とることで、腸内機能を改善し、蠕動運動を活発にしてくれるので便意を感じることが少ない直腸性の方に便意を感じさせる機会を増やしてくれます。

直腸性便秘の予防法と解消方法関連ページ

宿便とは何か
子供にやさしい便秘解消法
腸内デトックスのやり方
ホーム RSS購読 サイトマップ