子供の便秘

子供にやさしい便秘解消法

子供でもできるやさく安全な便秘解消方法とは?

子供の便秘解消には親の力が必要です。
腸に病的な問題がない場合は、生活リズムを整えたり運動不足を改善するだけ便秘が解消されます。
また、子供は大人に比べて腸内環境のバランスが崩れやい状態にあります。善玉菌と悪玉菌が混在する腸内環境は、食事や心理状態などで変動しています。腸内に善玉菌が多く存在している時は、腸内環境は整っている状態と言え腸が良く働き、便もスムーズに排出されます。
腸内環境を整える為に、善玉菌の増殖に効果的な乳酸菌の代表にラブレ菌があります。乳酸菌には様々な種類がありますが、大きく動物性と植物性に分けることが出来ます。動物性は腸内に届くまでに消化作用で死滅することが多く、腸内にたどりつくことが難しい乳酸菌です。植物性は動物性に比べ生命力が強く、腸内に届き善玉菌の増殖に活躍します。
ラブレ菌は植物性乳酸菌であり、生きたまま腸内に届き、悪玉菌の増殖を抑え腸内環境を整えます。それにより、腸の動きが活発になり便通をよくする他、栄養の消化・吸収力も高まります。
腸内環境が乱れやすい子供には積極的にラブレ菌を取りたいものです。ラブレ菌はカブの一種である『すぐき』の漬物から発見されれ、安心して摂取できる乳酸菌です。ただ、すぐきの漬物を毎日食べことは困難です。しかし現在はサプリメントや乳酸菌飲料などがあり、手軽に取り入れることができます。
便秘解消に食事や運動などを見直し、腸内環境を整える為にラブレ菌も活用して、健康的な生活を送るサポートが出来るといいですね。


幼児の便秘の原因

便秘で悩んでいる方の中には、お子さんの便秘で悩んでいる方もいると思います。幼児の場合には、どういったことが原因となっているか分からず、困っている親御さんも多いでしょう。
では、幼児の便秘の原因について、ご紹介しましょう。幼児の便秘の原因として上げられるのは、好き嫌いをすることによる、食物繊維不足、乳酸菌不足などが考えられます。

 

そして、もうひとつ大きな要因として考えられるのが、精神的なもの。例えば、保育園などに通い始めたばかりのお子さんなどは、便秘を引き起こしやすくなります。まだ、新しい環境に慣れていないこと、親御さんと離れて寂しいというストレスなどにより、便秘を引き起こしてしまっている可能性があります。

 

幼児の便秘で悩んでいる親御さんは、まずは普段の食事の見直しをすること。そして、普段から子供との時間を増やし、コミュニケーションをしっかりと取ることが大切となります。精神的要因の場合には、なかなか気づけない場合も多いと思います。保育園などに、進んでいくというお子さんもいると思いますが、内心は「寂しい」と感じていることもあります。

 

そのため、出来るだけ自宅にいる時、お休みの時などは、お子さんと接する時間をたくさん作り、お子さんのケアを行う様にしましょう。
こうして食事を見直すこと、コミュニケーションの時間を増やしていくことで、お子さんの便秘の症状も改善していくはずですよ。あまり深く考えず、少しずつ取り組んでいきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ