ラブレ菌 便秘 善玉菌 悪玉菌

善玉菌と悪玉菌の違い

善玉菌と悪玉菌の違いとその種類

私たちの腸内には善玉菌と呼ばれるものと悪玉菌と呼ばれるものがあります。それぞれの腸内細菌は違う働きをしていて、便秘を引き起こしたり腸内環境を悪くするものが悪玉菌の仕業で、これらの菌は、たんぱく質や脂質を栄養源にして増えていきます。特に肉の摂取量が多い人の腸内には多いと言われています。また、過度のストレスにも影響され、消化液の分泌が抑制されてしまうので増えやすいです。不規則な生活や運動不足も影響してきます。一方で、善玉菌のほうは、糖分や食物繊維を発酵させてエネルギーを得ています。代表的なものとしてビフィズス菌があげられます。これらの菌は、腸内を酸性にして、有害な菌をやっつけて免疫力を高めてくれる効果があります。腸内の酸性化は、病原菌の感染や細菌による下痢を予防する働きがあるのです。悪玉菌を減らして腸内環境を良くするためには、積極的に乳酸菌などをとることが必要です。最近特に乳酸菌の中でも注目されているのが、すぐき漬けの中に含まれてる事でよく知られるラブレ菌です。ラブレ菌は、植物性乳酸菌であるため、生きたまま腸内へ届くと言われており、乳酸菌の効果がより得られます。動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌のほうが生存率が10倍も高いと言われているためです。また、ラブレ菌には他にも、免疫力を高める効果があり、エイズやガンなどの予防にも効果があると言われています。日々上手に善玉菌を増やすためには、サプリメントなどを利用していくと良いでしょう。

善玉菌と悪玉菌の違い関連ページ

ダイエットに効く乳酸菌
ホーム RSS購読 サイトマップ