ラブレ菌 便秘 ヨーグルト

ラブレ菌の取り入れ方

ラブレ菌の取り入れ方を知ろう!

ラブレ菌という言葉を聞いたことがありますでしょうか。この菌は乳酸菌の一種で腸の具合を整えてくれる効果があるとされているものです。正式名はラクトバチルス・ブレビス・サブスビーシス・コアギュランスという長い名前ですが、この一部を切り取ってラブレ菌と呼ばれています。この乳酸菌は京野菜であるカブの一種のすぐきの漬物から発見されました。発見したのはルイ・パストゥール医学研究センターの岸田鋼太郎博士が発見しました。1993年に発見されたのですが、当時日本生まれの乳酸菌と言うことで大きな話題になりました。
このラブレ菌は乳酸菌ですので早速ヨーグルトに利用されたり、そのまま摂取できるようにタブレットになって売られていたりします。サプリメントになったものは薬局等で簡単に見つけることが出来るでしょう。ラブレ菌は他の植物性乳酸菌と同じく、生きたまま腸に届いて悪玉菌の増殖を抑えたり、便秘解消のための役割を担うことが知られています。また、がんやエイズなどの大きな病気を予防するといった働きもあると期待されています。
ラブレ菌に限ったことではありませんが、乳酸菌の良い効果を継続させようと思った場合には定期的にそれを摂取する必要があります。ラブレ菌が発見されたすぐきの漬物であるすぐき漬も美味しいものではありますが、毎日必要な量を取り続けるのは中々に困難です。やはり毎日の生活に取り入れやすいヨーグルトやサプリメントの形になっているのがよいです。

ホーム RSS購読 サイトマップ