ラブレ菌 便秘 生きたまま腸に届く

ラブレ菌が便秘に効く理由

ラブレ菌の効果って便秘にどうなの?

ラブレ菌という言葉をご存知ですか。
ラブレ菌とは、京都の漬物の中で発見された、新しい乳酸菌の一種です。

 

乳酸菌といえば、ヨーグルトやチーズなどに含まれている乳酸菌は動物性乳酸菌が有名ですが、これに対して、植物性乳酸菌という言葉があります。
これは野菜や豆、米などの植物素材を発酵させる乳酸菌の事でラブレ菌も植物性乳酸菌の一種です。
日本人が昔から食べてきた漬物や味噌、醤油や酒などの中に存在しているラブレ菌は、日本人の体質に合った馴染み深い乳酸菌と言えるでしょう。

 

そんなラブレ菌の特徴は、何といってもその生命力の強さです。
元々酸や塩分が強い漬物の中で育っているので、摂取した後でも強力な胃液の中でも生き抜いて、生きたまま腸に届くのです。
これは動物性乳酸菌と比べると、倍以上も多くその差は歴然です。

 

生きたまま腸に届くことで、腸内環境の改善に役立ち整腸作用が期待できます。
また、身体の免疫力を上げてくれる素晴らしい働きもしてくれます。

 

腸内環境の改善がどうして便秘解消に繋がるかというと、腸内環境が良くなると、腸管の蠕動運動を促します。
これにより、便秘で溜まった便も、肛門に向かってスムーズに移動する事ができるのです。
なので、整った腸内環境は便秘の解消につながります。

 

とはいえ、毎日漬物や味噌を食べ続けるのもなかなか続きません。
そんな時は、サプリメントなどで効率よく摂取して、なるべく毎日続ける事を心がけましょう。

ラブレ菌が便秘に効く理由関連ページ

ラブレ菌の歴史
ラブレ菌の取り入れ方
ラブレ菌の効能
ホーム RSS購読 サイトマップ